SHIZUKA&KAITOのママ

アクセスカウンタ

zoom RSS 春を思わせるような暖かさ・・・

<<   作成日時 : 2010/02/09 19:37   >>

ナイス ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 14

画像


今日の大阪は雨も降りましたが、青空ものぞき日中の気温も高く18度くらいまで上がりました。
一気に春の陽気が感じられましたが、今週の天気予報はつづき・・・

KAITOくーん 日差しが気持ちイイね〜
画像


雪やなぎやアジサイの新芽が出始めました。
くんくんくん・・・春の匂いがしてるー
画像


KAITOくんの"くるりん尻尾"の輪の中に『春』が見えるかもー
画像



         

先日、Blog友達のキレ子のばぁちゃん宅の記事で
星野道夫氏の『旅をする木』と言う本が紹介されていました。
さっそくGET夢中になり一気に読み終え再び今、手持ちの写真集を見ながらこの本を読み返しているとろです。
画像


アラスカと言う大自然の地に強く心をひかれ、深く関わっていくために氏はアラスカに居を移し生活しておられました。
アラスカでの様々な旅をとおしてたくさんの生命と出会い、感銘をうけたことを数え切れないほどの写真と文章で記録し、私たちに残してくれました。

私は星野道夫氏のその世界が大好きで、機会あるごとに写真展に行っていますが、とても心に響く氏の文章からも深い感銘を受けています。

これは何年か前に某新聞社(彼の社ではありません)の方が写真展を取材に来ていたときに、夕刊に掲載するからと鑑賞している私をカメラマンが写してくれたもので、後日写真を送ってくださったものです。
憧れの星野道夫氏の作品と共に写っているこの写真は私の宝物
展覧会場での一般の人の撮影は絶対禁止ですものね。
ラッキーな私でした
画像


そしてその感動的な著書に今回またBlog友達のおかげで触れることができました。

改めて写真集や図録を見ながらここ数日、星野ワールドに浸っております。
残念ながら星野道夫氏は取材先のカムチャッカ半島にてヒグマの事故がもとで享年43歳と言う若さで他界されました。
でも、氏の残された『生命への思いや伝えたかったこと』は永遠に生き続けていくことと思います。
画像





どこにいようと、
すべてのものに平等に同じ時が流れている。
その事実は、考えてみると、
限りなく深遠なことのような気がする

人は、なぜ自然に目を向けるのだろう。
・・・それはきっと、
そのクマや小鳥を見つめながら、
無意識のうちに、彼らの生命を通して
自分の生命を見ているからなのかもしれない。

人間の為でも、
誰の為でもなく、
それ自身の存在のために、
自然が息づいている。
そのあたりまえのことを知ることが、
いつも驚きだった。

ひと粒の雨が、
川の流れとなりやがて大海に注いでゆくように、
私たちもまた、
無窮の時の流れの中では、
ひと粒の雨のような
一生を生きているに過ぎない。

人間の気持ちとは可笑しなものですね。
どうしようもなく些細な日常に左右されている一方で、
風の感触や初夏の気配で、
こんなにも豊かになれるのですから。
人の心は、深くて、そして不思議なほど浅いのだと思います。
きっと、その浅さで、人は生きてゆけるのでしょう。

  『星野道夫の宇宙』展 図録より・・・

写真作品の一枚、一枚にこのような素晴らしい文章が添えられています。

ねぇ〜  素敵でしょう?


画像


                         





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
本当に今日は暖かい1日でしたね。四月上旬並だったそうですよ。
暖かくなると日差しが明るく柔らかくなるせいかカイトくんの写真がどれも穏やかな感じがします。
星野道夫氏の展覧会場で取材を受けられたとか。美術館の中ではほとんど撮影禁止なので展示写真をバックに撮られた写真は貴重ですね。
JUNKOさんの鑑賞ぶりが記者さんの心を動かしたのでしょうね。
Mickey
2010/02/09 20:34
KAITOくんのアップ可愛い♪
いつも癒してくれて有難う♪

東京もポカポカ陽気で〜
汗ばむ程でした!

星野道夫さんは私も大好きです!
”命”をひしひしと感じます!
新聞沙汰(!?) 素敵なショットですね!
本当に素敵な宝物!


おたん 
2010/02/10 02:42
>憧れの星野道夫氏の作品と共に写っているこの写真は私の宝物
<そうなんですか すばらしい宝物ですね。
私は この本を存じ上げませんが 動物の本なのですね。私も 動物が大好きで テレビの動物番組は ほとんど録画して保存しています。時間がある時は 一人でそれを見ているのですよ。動物って 癒されますよね〜。
あさがお
2010/02/10 20:53
こんばんは。
素敵な文が添えられているのですね^^。
ひと粒の雨のような一生を生きている・・・最近その言葉どうりに感じています。人の心は深くてそして不思議なほど浅い・・・きっとその浅さで人は生きてける・・・その言葉にも感動します^^。

写真展に写られているJUNKOさんの写真は本当にいい記念ですね。こんな機会は中々ないですから・・・何かのご縁ですね^^。
のろばあさん
2010/02/10 22:49
こちらクッキー地方も昨日まで春を思わせるような暖かな日でした
KAITO君もお散歩で春を感じたことでしょう

星野道夫さん、存じませんでした
写真に素敵な文が添えられていて
感動しました
芸術作品に触れると、心が洗われる気持ちですね
シュガーも、美術館や写真展に行ってみたくなりました
シュガー
2010/02/11 13:24
星野道夫さんはJUNKOさんにお聞きし写真展に足を運びました。あれから何年たったのでしょうブログ友から色々な情報を頂き新たな発見これもブログの面白さかもしれませんね。
展覧会会場でのお写真。これは珍しくラッキーでしたね。夕刊もお手元にお有りですか?お宝ですね(^^)
今日はあいにくの雨模様ワンコのお散歩も大変です。
涼華
2010/02/11 17:24
Mickeyさん おはよ〜ございます(*^_^*)
少し暖かくなっていたのに、雨のあとはまた肌寒いですね・・・春が近くなったり遠のいたり
三寒四温を経ての春本番が待ち遠しいです

美術展などに行くと時たまこの様な取材陣に出くわすことがありますよね。鑑賞する側にとっては正直、邪魔だなぁ〜って思いますこの日も星野道夫さんの世界に集中したいのに周りでザワザワとうるさいなと思っていたところ、声をかけられました。あとで写真を送ってくださるとのことで二つ返事で協力しましたおかげで私にとっては貴重な一枚となっています
SHIZUKAとKAITOのママ
2010/02/12 09:35
おたんさん おはよ〜ございます(*^_^*)
KAITOのこのアングル、気に行ってます
私が寝転んだ状態でKAITOを下から狙っていたのですが、何なにー?と私に近づきすぎて、ほとんどピンボケでした
星野道夫さんの感性は尋常なものではありませんね。
エッセイ・写真に込められた彼の生命への思い・熱意は色あせることは無く人々の心に無限の感動を与えてくれますね。
SHIZUKAとKAITOのママ
2010/02/12 09:46
あさがおさん おはよ〜ございます(*^_^*)
星野道夫氏の眼が直接捉えた大自然の中の生命を、氏がどのような思いでシャッターを切ったのか、文章や写真から伺えるような気がします。一枚一枚に込められたメッセージが実に深いと思うのですが・・・
SHIZUKAとKAITOのママ
2010/02/12 09:53
のろばあさん おはよ〜ございます(*^_^*)
星野道夫氏の感性は見事なものだと今更ながら感じられます。本当に一つ一つの言葉に写真に、どーしてこうも惹きつけられるのか・・・

人は文明社会の中に溺れかけていると言うのを感じずにはおれません。
SHIZUKAとKAITOのママ
2010/02/12 10:05
シュガーさん おはよ〜ございます(*^_^*)
雨のあとまた寒くなっています。
先日の小春日和の日々が恋しいですね〜

星野道夫氏の世界は一度は体感されると良いと思います。大自然の「生命」を撮影した写真を眺めていますと、語りかけてくる何かをきっと感じられることでしょう
そろそろ写真展行きたいです・・・
SHIZUKAとKAITOのママ
2010/02/12 10:17
涼華さん おはよ〜ございます(*^_^*)
星野道夫展は2006年8月でしたね〜。もうそんなに時が経ったのかなと言う感じですね
梅大で開催の「星のような物語」2006年8/16の記事に載せていました。会場でのこの貴重な一枚も、その時のものです。夕刊は手元にはありません。主人の社のものでしたら持ち帰ってもらい記念に桐の箱にでも入れて(ハハハ〜うそうそ)取り置くのですがーと言うか、関係者の場合は載せてくれないらしいです。

今朝はもあがりましたが、うっとおしい空模様&寒くて・・・
お互いに春の訪れが待ち遠しいですねー
SHIZUKAとKAITOのママ
2010/02/12 10:46
暖かそうなKAITO君の姿と打って変わって、寒い毎日が続いていますねー。うちのオジさんは持病のギックリ腰が再発しそうになり、今はコルセットしたりしなかったりという毎日です。気をつけなければいけませんねぇ〜。
星野道夫さん、写真展にも是非行ってみたいです。あんなに大きな写真で迫られたらどうしよう。圧倒されて涙するでしょうか。
「人の心は、深くて、そして不思議なほど浅い」、そう、心に強く残った言葉です。これからも何度も読み返し続けると思います。
キレ子のばぁちゃん
2010/02/13 22:40
キレ子のばぁちゃん おはよ〜ございます(*^_^*)
あららーキレ子のばぁちゃん家のご主人さまも『ガラスの腰』なんですねー・・・
うちも同じくですよー・・・
オベーションと言い思わぬところで共通点が
腰、お大事に〜

写真展もぜひ機会があればお出かけくださいね。
もうほんと感動に打ち震えると言う表現が決してオーバーでは無いくらいの感動を覚えました。
会場の中を何度も巡り、星野道夫の世界に没頭してしまいます・・・
キレ子のばぁちゃんが、ぜひ手元に置いておきたい一冊と言われるように、「旅をする木」私も大切にこれからも何度も何度も読み返したいと思います
SHIZUKAとKAITOのママ
2010/02/15 09:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
春を思わせるような暖かさ・・・ SHIZUKA&KAITOのママ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる